imasia_7031284_M

髪と頭皮に効く!豆類の効果と食べやすい調理法

はじめに

豆類には、髪と頭皮に嬉しい栄養成分が豊富に含まれていることをご存知ですか?豆というと大豆を想像する方が多いと思いますが、大豆に限らず他の豆にも髪と頭皮にとって嬉しい成分が含まれています。ここでは、豆の種類・効果・食べやすい調理法について説明します。
 

豆類にはどんな種類があるの?

  • 大豆
  • 黒豆
  • ひよこ豆
  • あずき
  • えんどう豆
  • そら豆

 
豆類と呼ばれるものは、18,000種類も存在します。代表的な豆類でしたら、これら6種類が思い浮かぶのではないでしょうか。豆類には、髪と頭皮にとって嬉しい4つの成分が含まれています。
 

豆類が髪と頭皮に効くと言われる理由

その4つの成分とは、ビオチン・鉄分・タンパク質・亜鉛です。ここでは、これら4つの成分について説明します。

ビオチンの役割

ビオチンはビタミンBの一種で、主にアミノ酸やコラーゲンを生産するときに役立つ成分です。「髪に関係していない」と思われがちですが、ビオチンが不足するということはアミノ酸やコラーゲンの生産の不足につながります。これらの成分は皮膚の健康を保つ役割を持っているため、不足すると皮膚の健康が維持できなくなります。もちろん、頭皮にもその影響はあるため、抜け毛や薄毛の原因になります。

鉄分の役割

鉄分は、酸素や栄養素を体全体に運ぶ役割のあるヘモグロビンを生産する成分です。鉄分が不足しているとヘモグロビンの生産量が減量し、体全体に運ぶ正常な量の酸素や栄養素がきちんと届けられなくなります。もちろん、頭皮にもその影響はあるため、抜け毛や薄毛の原因になります。

タンパク質の役割

髪はタンパク質でできています。タンパク質は、わたしたちの体の中でエネルギーとしての役割も行っています。髪の毛が生える、伸びることよりもエネルギーとして活用することが優先されるため、タンパク質が足りないと髪が生えない、伸びないといったことになり得ます。

亜鉛の役割

亜鉛はビオチンと共に、髪を作るためにタンパク質の合成をする役割があります。つまり、亜鉛が足りていないと、タンパク質の合成ができず髪が生えてこない、伸びないといったことになり得ます。
 

豆を使った食べやすい調理法

豆をなかなか料理で使わないというご家庭が多いと思います。ここでは豆を使った食べやすい調理法を紹介しています。

ひよこ豆のグラッセ

使用する食材

ひよこ豆 適量
さつまいも 1本
バター 5g程度
塩コショウ 少々
60ml

作り方

  1. さつまいもを切って水につける
  2. さつまいもを輪切りで切り、切ったものを水につけておきます。

  3. 鍋に調味料を入れさつまいもを茹でる
  4. 水につけておいたさつまいもを水切りし、鍋にバター・砂糖・塩コショウ・水を入れ中火でさつまいもをゆでます。

  5. さつまいもが茹であがったら豆を加える
  6. さつまいもがある程度茹で上がったら、ひよこ豆を加え弱火で茹でます。

  7. 水気をとって盛り付ける
  8. 水気をとってお皿に盛り付ければ完成です。

 

おわりに

いかかでしたか?豆類には、ビオチン・鉄分・タンパク質・亜鉛といった髪と頭皮に嬉しい成分が含まれていることがご理解いただけたと思います。
 
豆をメインとした料理は難しいと思いますが、いつもの料理に付け加えるなどをして、積極的に豆を摂取するように心がけましょう。
ここでは、豆を使った調理法を紹介しました。他にも豆を使った調理法がありますが、工夫しながらご自身の食べやすい調理法を見つけましょう。

Follow me!


  • Facebook
  • twitter
  • Hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。