imasia_6234180_M

髪と頭皮に効く!ほうれん草の効果と食べやすい調理法

鉄分といえば・・・

ほうれん草の歴史は中世にまでさかのぼると言われています。
諸説ありますが、中央アジアを中心とする場所を原生地とし、栽培が始まったと言われています。やがてアラブ地方からヨーロッパに持ち込まれ、その時に初めて食卓に並ぶ一般的な野菜として認知されるようになりました。
19世紀には日本にも持ち込まれたそうですが、国内でほうれん草が一般的に使われるようになったのは大正時代。その時のほうれん草は西洋種と東洋種を掛けあわせたものとされています。
みなさんも御存知の通り、ほうれん草がもつ代表的な栄養素は鉄分です。
その含有量は一食分でも一日の摂取量をクリアできるほど。鉄分は熱にも強いので、加熱調理してもその成分を大きく損なうことはありません。
またビタミンAをはじめとするビタミン群、ミネラルも豊富に含まれた食材で健康に良いことは言うまでもないでしょう。

このほうれん草が育毛にもいいとされる部分は、やはり鉄分にあります。
私たちが日々の生活を健やかに送ることができるのも、この鉄分のおかげです。
私たちの血が赤いのはヘモグロビンによるものとされています。
ヘモグロビンは、ヘムという鉄を含んだ赤い色素と、グロビンというタンパク質由来の複合タンパク質によってできていますが、細胞に酸素を届けるという重要な役割を持っています。
また二酸化炭素とも結びつきますので、体内の二酸化炭素を排出する役割も持っているのです。
まさに生物が生きていく上で、不可欠な要素を担っています。
余談ですが、イカなど一部の動物は銅と結びついた血で出来ているため、その血は青いそうです。面白いですね。

その鉄分、ヘモグロビンはやはり身体中にしっかり巡っていないと各細胞がすぐに疲労・・・つまり酸素不足になってしまいます。
毛根細胞もその例外ではなく、しっかりと酸素や栄養が送り込めていないと髪が抜け落ちる原因にもつながります。
他の食材は髪を育てる手助けをする、といったものが多いのですが、鉄分はさらに重要なものを支えている、ということですね。

また赤血球の寿命は約120日と言われています。血液内では赤血球の量がバランスよく供給できるよう、常に生産を繰り返していますが、この際に必要になるのがビタミンB12です。
ビタミンB12が不足すると、血中の赤血球料が減り貧血が起こりやすくなると言われていますが、赤血球が減るとヘモグロビンの量も少なくなってしまいます。
しかしほうれん草にはビタミンB12も多く含まれているため、ここでも血液にとっては重要な食材ということができます。

育毛のことを考えたときの調理法

鉄分は熱によって溶けることはほとんどないため、加熱調理したものでも栄養価は高いまま摂取することができますが、いくつかのビタミンは熱に弱いため、サラダとして食べることがオススメです。
その際に、豆腐、豆類や海藻類と併せて摂ると髪にとって嬉しい食事になるでしょう。
過熱するのであれば、おひたしにして食べるのもいいかもしれません。
様々な料理に合うため、どれでもオススメ、ということはありますが、気をつけたいのは保管方法。
長期保存を行う際に、軽く茹でたものを冷凍すると長持ちしますが、解凍する際にビタミンCが溶け出してしまうので、通常保管の時ほど、栄養価について過信しないほうが良さそうです。

Follow me!


  • Facebook
  • twitter
  • Hatena

4 Commentsto 髪と頭皮に効く!ほうれん草の効果と食べやすい調理法

  1. utiotu より:

    r5i

  2. utiotu より:

    t68ob5obo r45b,p4b

  3. utiotu より:

    45ry76wg48h763g897h6896763y6se7de5766de786s7se478se4678se4678de76e67e6r6r5t6r4t6te46te46t6r7t6rt6ftrt56retr4r564545r4e6y4

  4. utiotu より:

    0y7p@7t8p-9pk-79p-0k09^709-k76l9yg98;86pt6975t;7;7979g7898gl9g788l79l9u8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。