imasia_15976021_M

髪と頭皮に効く!鶏肉の効果と食べやすい調理法

育毛には鶏肉がいい?のホントのところ

育毛に悩む人が摂る食事で言うと、できれば油物は避けたいところ、と思うのは普通の発想ですし、それ自体は間違っていません。
しかし、そうした悩みを持つ人がとる食事で鶏肉だったらOKという話もあります。これはどうしてでしょうか。
まず鶏肉に含まれる栄養素を確認していきましょう。
代表的なのがタンパク質。髪の毛はケラチンというタンパク質成分を主とするものでできていますので、高タンパクかつ良質なものを摂取することは方向性として間違っていません。
他の肉と比べてみると、育毛に有効とされるビタミンB群は豚肉にも含まれています。しかし、トータルのバランスで考えると鶏肉に軍配が上がります。
というのも、ビタミンであるパントテン酸、ビタミンK、ナイアシンを多く含む他、ミネラルでは亜鉛が多く含まれています。
特に亜鉛は育毛に作用するミネラル分のひとつですので、他のビタミンとのバランスを考えれば鶏肉が適当な食材、と考えることができます。

それでは育毛に有効か、という観点で見てみます。
これは率直に言うと、鶏肉は必ずしも育毛に向いているとは言えません。
鶏肉は先述の通り、タンパク質を始め高い栄養価がありカロリーも低めです。髪に必要な要素は持ち合わせていますが、それが直接的に作用するということではありません。
しかしここで重要な要素として、普段の食生活のことを考えてみてください。髪のことを考え、ある日思い立って育毛のために食事制限をしたとしましょう。
最初のうちはいいかもしれませんが、必要以上に制限を行うとそのうち食べるものが偏ってきます。
すると、栄養の偏りのこともありますが、何よりもストレスになります。
「肉を食べてはいけない!もっと髪にいいものを」と考えても、精神的な影響によりさらに薄毛が進行するようでは本末転倒です。
やはり普段の食事はバランスよく取ることを心がけ、その中でいいものを少し意識して食べる。これが重要なのではないでしょうか。
そう考えると、他の肉よりも鶏肉をとるようにすれば、肉を食べたい!という欲求も、安らぐでしょう。

育毛のことを考えたときの調理法

一般的に食肉は育毛に向いていないとされていますが、一方で鶏肉はヘルシーと言われています。これは高タンパク低カロリー、ということに起因しているから、ということです。
そこで、育毛のことを考えるのであれば、皮を取り、ささみの部分を食べれば脂の吸収を抑えつつ、鶏肉の栄養を吸収することができるでしょう。
何よりも脂身は毛根の詰まりの原因となるので、特に揚げ物は髪の毛の大敵です。
そこでまず挙げられる調理法がサラダ。
茹でたささみを氷水につけたものを、野菜と和えます。ここでポイントになるのが合わせる野菜。もし可能であれば豆腐やほうれん草と組み合わせてみてもいいです。
両方とも髪に良い成分が含まれているため、お肉を楽しみながら他の食材を摂ることもできます。
また玄米ご飯とささみ肉を組み合わせたお茶漬けもいいでしょう。
玄米に含まれるミネラル分とヘルシーな肉の食感が楽しめるだけでなく、身体を休めるにはちょうどいい一品と言えます。

頭皮環境によって選びたい部分

先述の通り、脂による毛穴の詰まりを避けるためにも皮は避け、ささみの部分を食べることについて紹介しましたが、すべての方に当てはまる食べ方とはいえません。
頭皮の環境には、脂質性の強い脂っぽい頭皮、そして乾燥してしまってカサカサの人もいます。
どちらにも当てはまることですが、健康な頭皮環境でない限り育毛を行うことは難しいと言われています。
言い方を変えれば、育毛を行うためにはまず頭皮環境の整備を行わなくてはいけません。
鶏肉の話で言うと、脂質性の頭皮を持った人は脂を避けたいところですが、乾燥肌の方にとっては必要な要素になりえるのです。
そこで、頭皮が乾燥している方はあえて皮を食べることをオススメいたします。
鶏皮にはコラーゲンが多く含まれているため、頭皮状況の改善を期待することができます。

Follow me!


  • Facebook
  • twitter
  • Hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。