imasia_14128499_M

髪と頭皮に効く!わかめの効果と食べやすい調理法

ホントに髪にいいの?わかめの持つ栄養素

育毛をはじめ、髪に悩みのある人が真っ先に思いつく食べ物といえば海藻類であるわかめが挙げられるでしょう。
確かに見た目も髪に良さそうだし、おそらく誰かに聞いてみてもこの食材が答えとして返ってくるのではないでしょうか。
では、なぜわかめは髪にいいのでしょう。

まず代表的な栄養素として豊富なタンパク質が挙げられます。
それだけでなく、ビタミンA、ビタミンK、葉酸などのビタミン類。ナトリウム、カリウム、亜鉛といったミネラル分も他の食材と比べると、多く含んでいます。
特に注目したいのが亜鉛です。
亜鉛は粘膜系の器官にいい効果をもたらすと言われていますが、育毛などを謳うサプリメントではこの亜鉛が入っていることが多くあります。
とはいえ、それが直接的に育毛効果があるかというと、そうとはいえない現状があります。
亜鉛は確かに粘膜系の器官、髪にいいとされていますが、それでも医学的な検証はされておらず、効果はわからない、といったところです。
しかし、このわかめにはタンパク質が多く含まれています。
髪の成長にはどうしてもタンパク質が不可欠であるため、亜鉛と組み合わせた食材であるわかめは、栄養素的に見て髪にもいいということが言えるでしょう。

また先述の通り、わかめには豊富なミネラル分が含まれています。
何かとミネラル分が不足しがちと言われる現代社会の食生活において、手軽にミネラルを摂取できる食材はそれだけでも魅力的です。
なぜなら育毛を行うなら、まずは身体全体が健やかであることが必須だからです。
考え方のひとつかもしれませんが、わかめを食べて髪を増やそう、という意識から、わかめを食べて(髪を生やすための)健康を取り戻す、と考えたほうがいいかもしれませんね。

わかめを食べてみよう!例えばこんな調理法

では私たちはどのようにわかめを食べればいいのでしょうか。
とは言え、海藻を食べることに慣れていない外国人ならいざ知らず、日本人であれば日頃から海藻類を食べる食文化を経験しているので、今更説明するまでもないかもしれません。
ごく一般的なのは味噌汁ですね。わかめが入った味噌汁は栄養もあって、身体も温まりやすいと思います。
またサラダにしてみてもいいですね。海藻サラダは、野菜が苦手な人でも手が出しやすい一品だと思います。作り方も野菜と併せるだけなので簡単です。

しかし味噌汁、サラダには一つだけ気をつけなければいけない点があります。
味噌汁であれば、あまり味の濃いものにしない。サラダはドレッシングをかけ過ぎない、ということです。
味付けの濃い味噌汁は、それだけナトリウム分を多く含むことになります。元々、わかめに含まれるナトリウムは他の食材と比べても多い方なので、味の濃い味噌汁に入れてしまうとナトリウムを過剰摂取することになり、健康にはよくありません。
また、ドレッシングのかけ過ぎは先程のナトリウム過剰摂取に加え、脂分を多く摂取してしまうことになります。
特に脂分は、頭皮の毛根の詰まりの原因になりやすいと言われていて、それでかえって頭髪にダメージを与えてしまうことがあります。
せっかく髪にいいわかめを食べていたとしても、ドレッシングの脂分で損してしまうこともあるので注意したいところです。

他にもわかめを使った料理はたくさんあります。
酢の物としてきゅうりと和えてもいいですし、最近ですとナムルやマリネといった海外料理でアレンジするように使っている人も多くいるようです。
だいたい共通して言えることですが、基本的に油物と合わせることが少ないため、さっぱりしたヘルシーな料理でわかめを楽しむことができます。
ぜひチャレンジしてみてくださいね。

たくさん食べればいいの?

よく言われるのが「わかめは髪にいいからたくさん食べたほうがいいよ」ということ。
先述のとおりになりますが、わかめは確かに豊富なタンパク質、ミネラル分を含んでいますが、それが直接髪に作用する、という科学的な根拠は今のところありません。
したがってたくさん食べればいいというものではないです。
何よりも豊富な栄養を含んだわかめと一緒にバランスの良い食生活を考える、ということが、発毛への近道なのかもしれません。

Follow me!


  • Facebook
  • twitter
  • Hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。